「寝る子は育つ」はホント

 

 

子供にとって十分な睡眠が大切なのは、ぐっすりと深く眠っているノンレム睡眠時に、成長ホルモンがたくさん分泌されるから。眠っている間に成長を促進し、力を貯えているというわけで、文字通り「寝る子は育つ」なのです。逆に睡眠不足だと、睡眠を基本とする生活リズムが乱れて眠れなくなってしまうので、ホルモンの分泌や神経の働きまで狂うことに。成長ホルモンや、覚醒後の活動に備える副腎皮質ホルモンが分泌されないとなると、子供の発育にとって重大な問題といえます。

Part1 Part2 Part3 Part4 Part5 Part6

Part7 Part8 Part9 Part10 Part11

 

コラムのTOPへ