暑くなったり寒くなったりして
目が覚めたことはありませんか?

 

自然素材100%の寝具があなたの「睡眠環境」を整えます。
毎日ぐっすり眠れてますか。朝、寝起きが悪く体調をくずしたり、風邪をひきやすいという方は、寝具の環境(寝床内気候)のバランスがよくないのかもしれません。人が心地よく眠るためには、ふとんの中の温度が33℃・湿度50%前後が理想的といわれています。就寝中は起きているときと違って意識が無いので、寝ている時にかく汗や体温の低下などによる寝床内の環境の変化は、寝具によって調整されないとムレて不快に感じます。

そこで、自然素材100%の寝具をおすすめします。自然素材は、繊維そのものが呼吸しています。ですから汗をかいても常にふとんの中を快適な状態にします。

情報コーナーのTOPへ