こんな事が知りたかった

当店の羽毛ふとんのあれこれ 今まで知らなかった!

 

 

羽毛ふとんの側生地

 

・当店のの羽毛ふとんに使用されている生地は、羽毛の吹き出しを許さない独自のダウンプルーフ加工が施されています。それが「ダンプルーフ・サンイワタビアンコーレ」と呼ばれる世界屈指の高度な特殊技術です。

・超高密度繊維なので、目詰めのために樹脂や糊を使用する必要は一切ありません。

・また通気性・吸湿性に優れるため、日干しや水洗いまでを可能にしました。

・さらに、独自の織構造は優美な色調と深みを表現し、しなやかなドレープを実現。

・糸には特に厳選した高級エジプト綿を使用。

・世界に誇るこの技術は羽毛専用最高級生地を誕生させました。

羽毛ふとんの中身

 

・当店の羽毛には、イオゾンα2という技術(PAT.1540084)は、羽毛洗浄における世界初の画期的なイオン化処理システムを使用。

・エレクトロニクスで発生させたイオンとオゾンの働きにより、不純物を極限まで除去することに成功しています。

・同時に、殺菌・漂白・脱臭効果を持ち、羽毛だけでなく、あらゆる繊維物質にその効果を発揮します。

・さらには清潔度や崇高性、耐久性、吸湿・発散性にいたるまで驚異的に性能を高めることができるのです。

羽毛に付着した夾雑物(ゴミ)や不良羽毛を極限まで除去することによって、羽毛ふとんの水洗いが可能になったばかりでなく、アレルギー対策にも有効です。

立体キルト

 

・ 大変細かな5マス×6マス(SLサイズ)の合計30マスで、中身の羽毛が移動しにくいように仕切ってあります。

・キルト用のテープも純綿を使用していますので、ふとん丸洗いをしても収縮率が同じで変形等のトラブルを防ぐことができます。

・平キルトではなく、保温性の高い立体キルトを採用しています。

8ヶ所ヒモをつけるわけ?

 

・羽毛ふとんが、カバーの中で動かない様にする為に8ヶ所のヒモ付け用のチィーを付けました。

・羽毛ふとんの側生地は、大変に高密度の繊維を使用している為に、カバーとの摩擦計数が低くなり、滑りやすいので、カバーのヒモは多いほど、カバーとの密着性が高くなります。

パイピングとは?

 

・羽毛ふとんは毎日使用するので、側生地の傷みを少しでも防ぐことが大切となります。特に、四隅のヘリについては、しっかりした補強が必要となります。

・当店の羽毛ふとんは、頑強なパイピング加工を施し耐久性を高めてあります。