かしこい寝具の選び方

●頭部は結構、汗かきです。熱や汗のこもりにくい(放湿性の高い)素材を選びましょう。
●高すぎたり、低すぎたり、高さの合わない枕は頭痛や肩コリの原因に…。首の自然なカーブが維持できる(売り場で試してみて下さい)適度な高さのものを選びましょう。

●掛けぶとんの主な役割は「保温」。冬ー温かく、夏ー涼しい、自然な温度調整機能を持った素材(掛けぶとんならやはり羽毛が最高)を選びましょう。
●重い掛けぶとんは身体にストレスがかかり、眠りを妨げます。できるだけ軽く、動きやすいフィット性のあるものを選びましょう。

●敷ぶとんの役割は重い体を「支える」ことにあります。でもその善し悪しが寝心地をずいぶん左右しますから、強い支持性と弾力性適度なクッション性を持ったものを選ばなくてはいけません。その基準は横になった時、立っている時よりも背中がスッと伸びる感じ、おしりが落ち込まない感じがベストなのです。
●眠っている時にかくたくさんの汗。その約70%もが敷ぶとんに吸収されます。だから素材は放湿性に優れたものを選ばないと、ベトベト蒸れて大変なことに。敷寝具はじっくり、しっかり選んで下さい。

《次へ》