おねしょは叱るべからず

 

 

おねしょを克服できる年令はには個人差がありますが、その原因は「心の悩み」が大多数。何らかの心配事が、おねしょという形で表れる場合がほとんどです。この治療については、決まった時間に排除訓練をするなどがあげられますが、もっとも効果的なのは、親がやたらと「叱らない」こと。一方的に叱るばかりでは、子供には辛く、不安な気持ちを増やすばかりで逆効果なのです。

結果的には、時期がくれば自然に治ることが多いので、気長にのんびりと構えることこそが療法と言えるでしょう。

Part1 Part2 Part3 Part4 Part5 Part6

Part7 Part8 Part9 Part10 Part11

コラムのTOPへ